福岡県

平成30年度国立美術館巡回展 国立国際美術館コレクション展「美術のみかた 自由自在」(福岡展)

福岡県立美術館では「国立国際美術館コレクション:美術のみかた 自由自在」展を開催する。大阪のビジネス街・中之島にある国立国際美術館は、1977年の開館以来、主に国内外の現代美術作品を収集している美術館。近代と現代をつなぐ作家たちの作品から、現在日々生み出される新しい表現まで約8000点にものぼる屈指の所蔵を誇り、特に戦後日本の美術の動向を伝える充実した作品群は、貴重なコレクションと言える。
この冬、国立国際美術館の近現代美術の名品が福岡県立美術館にやってくる。本展は、「美術を見ること」について考えるためのテーマ展。現代美術を見るときに心に留め置きたい3つの視点から、ポール・セザンヌ、パブロ・ピカソ、マルセル・デュシャン、アルベルト・ジャコメッティ、アンディー・ウォーホル、草間彌生、ゲルハルト・リヒター、イリヤ・カバコフ、菊畑茂久馬、高松次郎、リチャード・タトル、アラヤー・ラートチャムルーンスック、奈良美智、ヴィック・ムニーズ、大島成己、落合多武、棚田康司、ロレッタ・ラックス、島袋道浩、伊藤存、鈴木友昌、青木陵子、金氏徹平、下道基行、和田真由子など45作家による、平面、立体、インスタレーション、映像など55点の珠玉の名品で紹介する。
現代美術は、「芸術とは何か」について繰り返し問い直し続ける営みでもある。本展で紹介する3つの視点は、現代美術だけに留まらず、広く芸術を鑑賞する手掛かりにもなることだろう。

開催概要

  • 会期

    2018.12.182019.02.05
  • 会場

    福岡県立美術館
    http://fukuoka-kenbi.jp/
    福岡市中央区天神5-2-1
  • 観覧料金

    一般700円(500円)、高大生500円(300円)、小中生300円(200円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方及びその介護者/教職員が引率する小・中・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の児童生徒及びその引率者/土曜日来場の高校生以下の方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(祝休日の場合はその翌平日)

    ※2月4日は特別開館

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

生誕135年 石井林響展 −千葉に出づる風雲児−

石井林響(本名 毅三郎・1884~1930)という、明治大正の時代を駆け抜けた日本画家がいた。千葉県山武郡土気本郷町(現千葉市)に生まれ、東京で橋本雅邦に入門、はじめは「天風」の名で若くして頭角をあらわし、歴史画から色鮮

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る