福岡県

京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―(九州展)

公式サイト

京都市の南東に位置する醍醐寺は、千百年以上の歴史を持つ真言密教の名刹。その歴史は、平安時代・貞観十六年(874)、理源大師聖宝(832〜909)が醍醐味の水が湧き出るという笠取山に草庵を結んだことに始まる。開創以来、人々の願いをかなえる加持祈祷や修法すほうを行う実践を重視する寺として発展し、ときの権力者たちの篤い信仰を集めてきた。こうした歴史を物語るように、醍醐寺には数多くの仏像や仏画、経典類が伝わっている。
平成28年(2016)、醍醐寺の長い歴史において初めて、中国で展覧会が開かれた。平安時代から江戸時代にいたる同寺の歴史と美術をたどる展覧会は好評を博し、上海と西安の二都市で80万人以上が来場。本展は中国での展覧会開催を記念して行うものとなる。
本展では、密教美術の宝庫ともいえる醍醐寺の寺宝から、薬師堂本尊である薬師如来および両脇侍像(国宝)をはじめ国宝・重要文化財を多数含む珠玉の仏教美術を紹介。加えて、豊臣秀吉による「醍醐の花見」ゆかりの品々や俵屋宗達¥らの華やかな近世美術も見どころ。約15万点の寺宝の中から選りすぐった名宝計104件(国宝32件、重文49件を含む)を一挙公開する。密教美術の頂点ともいえる名品の数々を堪能できる。

開催概要

  • 会期

    2019.01.292019.03.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1,600円(1,400円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)

    ※( )は団体料金、夜間割引(夜間開館当日17時以降に同館券売所で販売、夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前入場不可)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    総本山醍醐寺、九州国立博物館・福岡県、TVQ九州放送、西日本新聞社、日本経済新聞社、BSテレビ東京
  • 休館日

    月曜日(2月11日は開館)、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金・土曜日は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

コレクション展 2018-4

特別企画として、秋田雨雀、棟方志功、太宰治など、青森県出身の芸術家たちの座談会をテーマにした「昭和十四年『青森縣出身の在京藝術家座談會』の芸術家たち」を実施する。また、「追悼 浜田知明」と題して、今年7月に逝去した版画家

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る