福岡県

ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ(福岡展)

公式サイト

20世紀フランスを代表する画家、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、敬虔なキリスト教徒であり、生涯にわたって「受難」や「キリスト像」などの宗教主題を数多く描いた。本展は、人間の苦悩、あるいは慈愛や赦しを表現したルオーの画業の軸である聖なる芸術に焦点をあてる。伝統的な画題でありながら、その造形表現は極めて革新的であり、テーマの根底には、同時代の社会や人間に対する画家の深い共感と理解があった。文化の違いや国境を越え、今なお多くの人々を惹きつけているルオーの聖なる芸術の意味と現代性(モデルニテ)について、あらためて問う。
本展には、ヴァチカン美術館が初めて日本に出品する《秋 または ナザレット》などの作品群のほか、パリからはルオー晩年の傑作が多数来日。国内外の《聖顔》や「聖書の風景」を描いた名品をあわせ、油彩画、水彩画、版画、資料を含む約140点を展覧する。ルオー芸術の集大成から、画家が目指した美しい愛のかたちに迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.12.162019.02.17
  • 会場

    北九州市立美術館本館
    http://www.kmma.jp/honkan/
    北九州市戸畑区西鞘ケ谷町21-1
  • 観覧料金

    大人1200(1000)円、高・大生800(600)円、小・中生600(400)円

    ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
    ※障害者手帳を提示の方は無料、年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割減免

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ルオー展実行委員会(北九州市立美術館、毎日新聞社、RKB毎日放送)
  • 休館日

    月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)、12月29日~1月1日

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

G3-Vol.126 PROJECT H いろんなじじょう

九州各県で活躍するデザイナー達が「いろんなじじょう」をテーマに、ゆるやかなつながりを持ちながら、ともに新たな表現を探っていく展覧会。 参加デザイナー:岡崎友則/北九州、河野靖弘/北九州、春髙壽人/福岡、宮崎智文/福岡、中

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る