大分県

現代アートの宝箱 OPAM利岡コレクション

関西を中心に現代美術の名コレクターとして知られた利岡誠夫さん(1926~2018)。製薬会社に研究職として勤務しながら、全国各地のギャラリーを巡り、およそ30年かけて現代美術や民俗資料を集めた。
それらは、アートに対する純粋な眼差しとともに築き上げられた「現代アートの宝箱」。フタを開けてみると、抽象、ポップ、ミニマリズム、コンセプチュアルと、実にヴァリエーション豊かだ。作品は自宅のお茶の間で飾られ、暮らしのなかで愛(め)で楽しまれてきた。
2013年、コレクションは大分県に寄贈された。同館では、来館者に親密感をもって鑑賞いただけるよう、開館以来2階の情報コーナーで、年に数回展示替えしながら紹介してきた。本展では、利岡コレクションの全貌を紹介し、時代やジャンルを超えた幅広い視点からご覧いただくとともに、作品と作品が奏でるハーモニーを楽しむことができる。
また、新薬を開発する化学者であった利岡さんは、アートについても研究熱心。作品とともに寄贈された画集や展覧会カタログなどから、利岡さんが作家の活動に丁寧に目を配り、同時代の美術の動向に常に関心を持っていたことが分かる。これらの資料も含めて、利岡コレクションの魅力を引き出していく。

開催概要

  • 会期

    2018.12.082019.01.20
  • 会場

  • 観覧料金

    一般300円(250円)、大学・高校生200円(150円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※中学生以下無料
    ※大分県芸術文化友の会 びびKOTOBUKI無料(同伴者1名半額)、TAKASAGO無料、UME団体料金
    ※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者1名は無料
    ※学生の方は入場の際、学生証を提示ください

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団・大分県立美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    10:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金・土曜日は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

受贈記念 日本画家・福田眉仙とその周辺

福田眉仙(ふくだ・びせん)は1875(明治8)年、現在の兵庫県相生市に生まれ、幼い頃から絵に親しんだ。久保田米僊による日清戦争報道画に感激した眉仙は、1894(明治27)年に上京して米僊に師事し、麦僊(ばくせん)と号する

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る