熊本県

漫画界のレジェンド 松本零士展

SF漫画界の巨匠、松本零士(1938~)テクノロジーが進化した未来の世界を舞台に、壮大なファンタジーを書き続けている。漫画「宇宙戦艦ヤマト」「宇宙海賊キャプテンハーロック」「銀河鉄道999」など数多くの名作を発表するとともに、アニメ制作にも携わり、1970年代半ばから80年代にかけてはアニメブームを巻き起こした。
本展では、15歳でのデビュー以来、60年以上にわたる創作の歩みを紹介。初期の少女漫画や動物漫画、四畳半シリーズも登場。直筆の漫画原画をはじめ、執筆用の各種資料、アニメのセル画、立体模型などを通して、夢とロマンにあふれた松本零士の世界を楽しむことができる。

開催概要

  • 会期

    2018.10.272018.12.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般・大学生1,200円、中学・高校生800円、小学生500円

    ※未就学児は無料
    ※障がい者手帳をお持ちの方は無料(入場口にて手帳を提示ください)

  • 主催

    TKUテレビ熊本、熊本県立美術館
  • 休館日

    月曜日(12月24日は開館)

    ※11月19日(月)は障がいのある方々の鑑賞デーとして開館

  • 開館時間

    09:30〜17:15 ※入場は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る