北海道

ケータイ絵文字のほっこりワールド

携帯電話(以下、ケータイ)からメールを打つとき、皆さんは、どんな「絵文字」を主に使っているだろうか?
直接会って話すとき、私達は、顔の表情や声の変化によって、言葉以上に気持ちを伝えることができる。しかし、文字ばかりが並ぶメールの画面では、気持ちを効果的に伝えることは、簡単ではないだろう。ケータイの「絵文字」は、文字の羅列の中に絵画的なイメージを添え、ケータイの限られた画面の中でも、ひとめで気持ちや雰囲気を伝え、メールを受け取った人の気持ちを「ほっこり」させる、大きな役割をになっている。
1999(平成11)年にNTT DOCOMOが開発した12×12ドットの絵文字は、日本で大きな人気を博し、以後、「絵文字」はケータイによるコミュニケーションに不可欠のものとして幅広く支持されてきた。2010年にはUnicode(ユニコード)として標準化され、現在では1,800種類ほどの絵文字が、世界中のケータイでやりとりされるまでになっている。2016年には、MoMA(ニューヨーク近代美術館)が、NTT DOCOMOの初期の絵文字176種類を、コレクションに加えた。NTT DOCOMO開発による初期の絵文字並びにその後追加された絵文字を加えた244種類の絵文字。ケータイメールという現代的なコレクションのなかから生まれた、「文字」に関わる最新の「アート」を、ぜひ楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.12.012019.02.03
  • 会場

  • 観覧料金

    一般510(410)円、高大生300(200)円

    ※小中生無料
    ※( )内は前売・団体・リピーター料金
    ※障害者手帳をお持ちの方及び付添の方1名、児童・老人福祉施設入所の方及び付添の方1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道立函館美術館
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日は開館)、12月25日、12月29日~1月3日、1月15日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る