群馬県

いのち・いのり―原六郎コレクション

原六郎コレクションの中から生命(いのち)への賛歌や生きることへの祈りを感じ取れる作品を選んで紹介。前期では円山応挙の弟子にあたる森徹山と長沢盧雪の作品を、師である応挙の「淀川両岸図巻 下図」と共に展示する。森徹山「百鶴図屏風」は、日本では長寿の象徴として親しまれている鶴と松を画題に、力強い画面構成で描いた華やかな作品。後期では、江戸中期絵画に影響を与えたといわれる中国画家沈南蘋の作品を展示するが、やはり鶴や松、蘭、薔薇など、不老長寿を暗示する題材を画面に配した構成が特徴的だ。また、後期では「祈り」に通じる作品として、桃山時代に描かれた「仏涅槃図」なども出品の予定。
前期:2018年10月6日(土)~11月21日(水)
後期:11月23日(金・祝)~2019年1月14日(月・祝)

開催概要

  • 会期

    2018.10.062019.01.14
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1100円、大高生700円、小中生500円

    ※「Flash 1979/1988」展(現代美術ギャラリー)も併せて鑑賞可
    ※原美術館メンバーシップ会員無料、70歳以上半額、20名様以上団体割引
    ※学校団体は特別料金規定あり(要問合せ)
    ※群馬県内の小中学生は学期中の土曜の入館無料
    ※ぐーちょきパスポート提示で5名まで入館料各200円割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ハラミュージアムアーク
  • 休館日

    木曜日(1月3日は開館)、12月4日~7日、12月11日~14日、1月1日

  • 開館時間

    09:30〜16:30 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

「Flash 1979/1988」

1979年、全国的な美術館設立ブームに先駆けて、原美術館(東京都品川区)は創設された。その別館としてハラ ミュージアム アーク(群馬県渋川市)が開館したのは1988年、元号が昭和から平成へと変わる前年、いまから30年前の

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る