神奈川県

「モダン美人誕生―岡田三郎助と近代のよそおい」展

西洋文化が流入しはじめた明治から平成も終わりを迎える現在まで、生活スタイルの変化とともに女性の生き方は多様化し、よそおいや「美」の概念も大きく変化した。そのなかで人々が憧れる「美人イメージ」は、いつ、どのように作られていったのか? 本展は、近代の美人イメージの創出に大きな役割を担った洋画家の岡田三郎助(1869-1939)を中心に、日本初の美人写真コンテストや、画家と百貨店のコラボレーションによる流行の創出など時代背景を絡めながら、明治から昭和初期までのよそおいや「美人イメージ」の変遷を追う試み。現代に通じる「モダン美人」の原点を、岡田ほか藤島武二、村山槐多などの絵画約40点、化粧道具約100点、着物約10点、ジュエリー約20点にポスター・雑誌・写真などを加えた計約200点の展示作品で探る。

開催概要

  • 会期

    2018.12.082019.03.17
  • 会場

    ポーラ美術館
    http://www.polamuseum.or.jp/
    足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
  • 観覧料金

    大人1,800円、シニア割引(65歳以上)1,600円、大学・高校生1,300円、小中学生700円、障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)1,000円(シニア割引との併用不可)

    ※料金はいずれも消費税込
    ※中・小学生の入館については、土曜日は無料
    ※中・小学生が授業の一環として観覧する場合、中・小学生及び引率教員等の入館は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
  • 休館日

    2019年1月30日(常設展示は開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

終わりのむこうへ : 廃墟の美術史(東京展)

栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。「廃墟」は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていた。18世紀から19世紀にかけて、興味深いことにいわゆる廃墟趣味が流行すると、「廃墟」は絵画の主役

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る