広島県

松江泰治 地名事典| gazetteer

1980年代からモノクロ写真を発表してきた松江泰治(1963年、東京都生まれ)は、2005年、初のカラー写真集を発表。撮影機材や現像方法など、テクノロジーの進歩とともに絶えず変化する新技術を積極的に取り入れながら、新しい写真を求めて挑戦を続けている。松江の作品タイトルには地名や都市コードが付けられている。地名のデータベースを意味する「地名事典/ gazetteer(ギャゼティア)」と題した本展は、活動の初期から現在に至るまで、世界中の土地の名前を写真というかたちで収集してきた作家の仕事を体系的に紹介する、初の回顧展となる。

開催概要

  • 会期

    2018.12.082019.02.24
  • 会場

    広島市現代美術館
    https://www.hiroshima-moca.jp/
    広島市南区比治山公園1-1
  • 観覧料金

    一般1,000(800)円、大学生700(600)円、高校生・65歳以上500(400)円、中学生以下無料

    ※(  )内は前売りおよび30人以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    広島市現代美術館、中国新聞社
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月25日、12月27日~1月1日、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

かお かたち 土門拳のまなざし

土門拳の撮影技法の特徴のひとつである「クローズアップ」。土門は撮影のために人に、モノに対峙するときにはひたすら凝視しその中から撮るべきポイントを探した。今回はそんな中で数多く撮影された「顔(かお) 貌(かたち)」に焦点を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る