東京都

人間国宝・桂 盛仁 金工の世界-江戸彫金の技-

桂盛仁(かつら もりひと/1944生)は長年に亘り練馬区に在住し制作を続けている、人間国宝に認定された金工作家。江戸時代初期から続く彫金の一派、柳川派の流れを汲み、明治・大正・昭和期にかけて、煙草入れなど装身具の彫金で大人気を博した二代豊川光長、桂光春を輩出した流派で、伯父である光春を継いだのが盛仁の父、桂盛行(かつら もりゆき/1914~1996)となる。父、盛行のもとで修行した桂盛仁は、打ち出しや彫金、象嵌、色絵等の技法を駆使し、日本伝統工芸展などで高い評価を得てきた。宮内庁買い上げ、文化庁長官賞を受賞するなど研鑽を積み、2008年に重要無形文化財「彫金」保持者(人間国宝)に認定。昨今、明治期の卓越した工芸作品を“超絶技巧”と称し、ロストテクノロジーとしての評価がなされてきているが、そうした工芸の技術が脈々と受け継がれてきていることは、柳川派、そして桂盛仁の金工を見ると明らかである。本展は、桂盛仁の初期から近作までを通観するとともに、桂のルーツである、盛行、そして、光長、光春の作品も併せて展示し、今に生き続ける江戸彫金の技を再認識するものである。

開催概要

  • 会期

    2018.12.012019.02.11
  • 会場

  • 観覧料金

    一般300円、高・大学生および65~74歳200円、中学生以下および75歳以上無料
    障害者(一般)150円、障害者(高校、大学生)100円、団体(一般)200円、団体(高校、大学生)100円

    ※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものを提示ください(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
    ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金で観覧いただけます

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月25日、12月29日~1月3日、1月15日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵

吉岡徳仁氏(1967年生まれ)は、デザイン、アート、建築など幅広い領域において、自由な着想と実験的な創作から生まれる作品により、世界に影響を与える創り手の一人として多数のデザイン賞を受賞するなど、国内外で高く評価されてい

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る