福岡県

闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930S-2010S(福岡展)

木版画は簡便な材料と技術で複製できるので、独立運動、民主化運動、労働運動、環境運動など、アジア各地の政治・社会運動のなかでしばしば制作された。自分の感情を主体的に表現し、社会の問題をえぐりだし、遠隔地の人々との連帯を求める「メディア」として、木版画はアジアの近代化に重要な役割を果たしたのだ。
1930年代に魯迅が推進した木版画は巨大な運動体となって中国各地で展開。日本では戦後の民主化運動やサークル誌で木版画が盛んになり、多数の中国版画展が開かれる。韓国の1980年代では、激烈な民主化運動のなかでは木版画が多様な手段で大活躍した。今日のインターネット時代でも、インドネシアやマレーシアではパンク音楽家や美術家グループが、自由と自立を求めるメッセージを木版画で発信し続けている。
本展は、以上の時代・地域の作品のほか、ベンガルの独立運動、シンガポールの日常、ベトナム戦争、フィリピンの闘争などをテーマとした木版画(リノカットを含む)作品と版画を掲載した印刷物などの資料あわせて約340点を紹介する。木版画を大衆的な「メディア」としてとらえ、異なる時代と地域をつなぐ版画運動のネットワークに注目する。

開催概要

  • 会期

    2018.11.232019.01.20
  • 会場

    福岡アジア美術館
    http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
    福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル
  • 観覧料金

    一般1000(800)円、高大生700(500)円、中学生以下無料

    ※( )内は20人以上の団体、満65歳以上で年齢を確認できる証明書の提示者等の料金(この料金でアジアギャラリーの展示も観覧可)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    福岡アジア美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    水曜日(1月2日は開館)、年末年始(12月26日~1月1日)

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

企画展 中山忠彦展ー永遠の美を求めてー

千葉県市川市在住の洋画家・中山忠彦(昭和 10 年~)は、気品あふれる女性美を追求した作品で人気を博している。現在の日本洋画界を代表する画家の1人であり、日展、白日会展を中心に活躍し、日本芸術院会員、日展理事、白日会会長

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る