東京都

瞬間瞬間に生きるー岡本太郎とジャズー

「オレは過去も無視して、未来も無視して生きている。現在この瞬間瞬間に爆発して生きるんだから」
過去にすがらず、未来に甘えない。それが岡本太郎の生き方だった。いまこの瞬間にすべてを賭ける。この人生観を文字どおり体現する音楽がある。ジャズだ。ジャズの本質は即興と対話。ジャズには “いま” しかない。すぐれたジャズが放射するのは情熱、スリル、そして生命力。 岡本芸術とおなじだ。本展ではこれまでと趣向を変え、「音」を展示する。音を媒介にした岡本絵画とジャズの邂逅。これまでとは一味ちがう体験空間を楽しんでほしい。
第1展示室では、歌、声、ダンスなど「音」にまつわる絵画を展示。中心にはおよそ半世紀前に岡本太郎が自ら制作した《顔のスピーカー》(1971)が初登場する。本展のために修復されたスピーカーから、名曲《枯葉》を唄う太郎の声が聞こえてくる。代わって第 2 展示室では「音」を展示。大阪万博後の 70年代に革命期を迎えた日本のジャズが大音量 で流れる。会期中には第一線で活躍するジャズミュージシャンを招いた「スペシャルライブ」を実施。各界で活躍するジャズ好きの面々がレコードをかけたりトークをしたりする「スペシャル “店番”」 も行う。

開催概要

直前の記事

和語表記による和様刊本の源流

武蔵野美術大学造形研究センター研究プロジェクト「日本近世における文字印刷文化の総合的研究」は、2014年度に文部科学省より「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」の採択を受け、本年はその完成年度を迎える。本研究プロジェクト

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る