愛媛県

石本藤雄展-マリメッコの花から陶の実へ-

愛媛県砥部町出身の石本藤雄は、フィンランドの森や湿地、そして湖が生み出す豊かな自然、また生まれ育った愛媛県砥部町で親しんだ障子山や田畑や蓮池など数々の風景がデザインの源となり、意欲的に新しい表現を生み出してきた。本展はフィンランドを代表するライフスタイルブランド「マリメッコ」のデザイナーとして、また同じく同国を代表する老舗陶器メーカー「アラビア」のアート部門に所属する陶芸家としての石本の活躍を、愛媛県美術館と砥部町文化会館の2会場で紹介する。
愛媛県美術館では新作陶器と館のコレクションとの出会いが織りなす新しい風景をご覧いただくとともに、マリメッコデザイナー時代に制作された世界中から愛されたファブリックの数々と、そのデザインの基となった貴重な原画を併せてダイナミックなインスタレーションを楽しんでもらう。砥部町文化会館では、故郷の自然風景を題材にした新作陶器とともに、マリメッコのデザイナー時代の仕事を紹介し、またこの度復刻される「onni(訳:幸せ)」も展示公開する。 ファブリックデザイナーから陶のアーティストとして活躍する石本藤雄の原点と新たな作品世界をぜひ見てほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.10.272018.12.16
  • 会場

  • 観覧料金

    前売一般1000円、高大生500円、小中生100円
    当日一般1200円、高大生700円、小中生300円

    ※団体(20名以上)・高齢者(65歳以上)は前売料金で当日入場可
    ※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
    ※本展観覧券半券でコレクション展もご覧いただけます

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    「石本藤雄展」実行委員会(愛媛県、南海放送)、砥部町
  • 休館日

    10月29日(月)、11月6日(火)、12日(月)、19日(月)、26日(月)、12月4日(火)、10日(月)

  • 開館時間

    09:40〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※初日10月27日(土)は、一般公開は11:00から
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

作家で、母で つくる そだてる 長島有里枝

家族にまつわる記憶や関係性を手がかりに、自身のライフヒストリーや社会の陰に隠れてきた女性の創造性に光をあてる作品を制作してきた長島有里枝。その視点は画家であり母であったいわさきちひろの作品と響きあう。女性に課せられる規範

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る