鳥取県

廃材アート展

浜田市世界こども美術館では、昨年開催した『新聞紙の変身展』に続き【再生アートプロジェクトi n浜田2018】として、普通は廃棄されてしまう廃材を使って作られた美術作品を紹介することで、廃材アートの可能性にスポットをあてる展覧会を開催する。
本展は、ダンボール、金属廃品、古着の3つの素材に着想した3名の造形作家による“ワクワクがつまった創造の世界”へと皆さんをいざなう。ダンボールの海に眠る巨大生物に、空き缶や家電製品などで作り上げた恐竜のオブジェ。古着を再生し表現した巨大イカの作品など、じっくり作品と向き合うと身近な素材で構成されていることに気づき驚くことだろう。
ガラクタの中から生まれた独創的な作品と触れ合うことで、高価な材料がなくてもアイデア次第で素材は変化することを紹介し、作家たちの発想と視点のユニークさを感じとりながら、リサイクル(再生)することの大切さ、さらには未来環境へも思いを馳せるきっかけになればと願っている。

開催概要

  • 会期

    2018.10.132019.01.14
  • 会場

  • 観覧料金

    一般400円(300円)、高校・大学生300円(200円)、小・中学生200円(100円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方は半額、介助者1名は無料【 受付にて手帳を提示 】

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    浜田市、浜田市教育委員会、公益財団法人浜田市教育文化振興事業団
  • 休館日

    月曜日(但し 12/24、1/14は開館)、12/25(火)、12/28(金)~1/1(火)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

石本藤雄展-マリメッコの花から陶の実へ-

愛媛県砥部町出身の石本藤雄は、フィンランドの森や湿地、そして湖が生み出す豊かな自然、また生まれ育った愛媛県砥部町で親しんだ障子山や田畑や蓮池など数々の風景がデザインの源となり、意欲的に新しい表現を生み出してきた。本展はフ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る