兵庫県

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

レイモン・サヴィニャック(1907-2002)はフランスを代表するポスター作家。《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/50年)に代表されるように陽気でシンプルな彼の作品は、それまでの伝統だった装飾的な要素を排したことでポスターの様式を一新した。「どのようにメッセージを届けるか」という永遠の課題に対して彼が出した答えは、商品に人や動物のモチーフを組み合わせ、明快な造形と色彩によって視覚的なインパクトを与えることだった。さらに、彼が生まれ育ったパリに息づくユーモアとエスプリが加わり、人々を一瞬で虜にする不思議な魅力が生まれている。
身近な食料品や日用品からシトロエンやダンロップ、ティファールなど実に多様な広告を担ってきたサヴィニャックのポスターは、パリにとどまらず世界中の人々に今日もなお愛され続けている。
本展覧会は、ポスターと合わせて原画や関連作品も展示することでサヴィニャックの仕事を多角的に捉えようと試みるもの。中でも、パリの街角を賑わせた巨大なポスター群は私たちに新鮮な驚きを与えてくれるだろう。そうした街中の様子を捉えたロベール・ドアノー(1912-1994)や木村伊兵衛(1901-1974)の写真からは、20世紀フランスという時代と場所の空気も伝わってくる。道行く人々の心を躍らせ、街を彩ったポスターの役割に思いを馳せながら、それらを魔術師のように操ったサヴィニャックの世界を堪能してほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.10.272018.12.24
  • 会場

    兵庫県立美術館
    http://www.artm.pref.hyogo.jp/
    神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
  • 観覧料金

    前売一般1100円、大学生700円、当日一般1300円(1100円)、大学生900円(700円)、70歳以上650円、高校生以下無料

    ※(  )内は20名以上の団体
    ※障がいのある方(70歳以上を除く)は各当日料金の半額、その介護の方1名は無料
    ※大学生、70歳以上の当日券の購入および障がい者割引の適用には証明が必要
    ※県美プレミアム展は別途観覧料が必要(本展とあわせて観覧される場合は割引あり)
    ※金額はいずれも消費税込の金額

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    兵庫県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(ただし12月24日〔月・振替休日〕は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金・土曜日は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別展「クレパス画名作展」

クレパスは大正14年(1925)に桜クレィヨン商会(現サクラクレパス)が開発した日本生まれの画材。幼児教育や学校教育とともに全国に普及したため、幼児向け画材という印象を持たれがちだが、実際には多様な表現が可能な画材でもあ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る