大阪府

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

皆さんは1980年代という時代に、どんな記憶やイメージをお持ちだろうか。
インターネットも携帯電話も普及していなかった不便で未成熟な時代?それとも好景気に沸き、日本人に自信と活力がみなぎっていた時代?そんな時代の現代美術をふり返るのが本展覧会だ。
美術は時代を映し出す鏡のような存在ではないだろうか。当時の美術を見ることで、私たちはその時代の人々が何を考え、何を楽しみ、社会をどのように捉え、人生をどう生きていたのかを知ることができる。そして、それは今を生きる私たちに、きっと多くの示唆を与えてくれることだろう。
本展に出品される65名の作家による約100点の作品は、各々がそうした時代の息吹きを深く湛えながら、生き生きとしたメッセージを私たちに語りかけてくれるに違いない。どうぞ、その声に耳を傾けていただきながら、皆さんにとっての1980年代像を作り上げてみてほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.11.032019.01.20
  • 会場

    国立国際美術館
    http://www.nmao.go.jp/
    大阪市北区中之島4-2-55
  • 観覧料金

    一般900円(600円)、大学生500円(250円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
    ※本料金で、同時開催の「コレクション2」もご覧いただけます。
    ※夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00 〜20:00)一般700円、大学生400円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    国立国際美術館
  • 休館日

    月曜日(12月24日及び1月14日は開館し、翌日休館)、年末年始(12月28日(金)~1月4日(金))

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜・土曜は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

レイモン・サヴィニャック(1907-2002)はフランスを代表するポスター作家。《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/50年)に代表されるように陽気でシンプルな彼の作品は、それまでの伝統だった装飾的な要素を排したことでポス

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る