神奈川県

連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか……(神奈川展)

公式サイト

孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つ劇画『ゴルゴ13』。本名、国籍、生年月日などすべて不詳ながら、任務遂行の姿勢、名言、信条などは、大勢のファンの心をとらえて離さない。『ビッグコミック』(小学館)での連載開始は1968年11月。総発行部数は2億部を突破、コミック界における連載最長記録を更新し続けている。初公開となる貴重な原画の数々や、門外不出だったさいとう・プロダクション内“武器庫”のモデルガンを展示するほか、ゴルゴ愛用の銃「アーマライトM16」の体感コーナーや仕事場の再現コーナーも設置、さらに分業によるゴルゴ制作の裏側にも迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.09.222019.11.30
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円、学生・65歳以上1000円、中学生以下無料

    ※障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    川崎市市民ミュージアム、読売新聞社
  • 休館日

    月曜(9月24日・10月8日は開館し翌日休館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

ちひろ美術館コレクション 人生

ちひろ美術館では、すぐれた子どもの本のイラストレーションを貴重な文化財のひとつと位置づけ、世界34の国と地域、207名の画家による27,200点を収蔵している。 本展では、コレクションのなかから「人生」をテーマにした作品

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る