神奈川県

―開館5周年記念展― 美のスターたち―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―

岡田美術館は、2013年10月に箱根・小涌谷に誕生して以来、日本と中国・韓国の壮麗な美の歴史を実感し楽しめる美術館を目指し、収蔵品を中心に14本の展覧会を開催。開館5周年を記念して、これまでの展示活動の集大成となるベストコレクションを展観する。 本展では、各展覧会において主役を飾ったスターたちが一堂に会する。近年奇跡的に再発見され話題となった、肉筆浮世絵の大作・喜多川歌麿の「深川の雪」や大名家旧蔵の対幅・伊藤若冲の「孔雀鳳凰図」が登場。さらに、岡田コレクション形成のきっかけとなった尾形光琳の「雪松群禽図屏風」をはじめ、宗達・北斎・大観・松園・正祖(李祘/イ・サン)などの珠玉の名画が並ぶ。東洋陶磁では、幻の青磁・汝窯(じょよう)の鉢や2015年に重要文化財に指定された尾形乾山の「色絵竜田川文透彫反鉢」が見どころ。ほかに、仏教美術・漆芸・金工・玉器・ガラスなどあわせて約450点が勢揃いする。

開催概要

  • 会期

    2018.09.302019.03.30
  • 会場

    岡田美術館
    http://www.okada-museum.com/
    足柄下郡箱根町小涌谷493-1
  • 観覧料金

    一般・大学生2800円、小中高生1800円

    ※庭園入園料300円 ※足湯入湯料は美術館利用の方は無料/足湯のみ利用の方は500円
    ※駐車料金は美術館利用の方は無料/庭園・足湯のみ利用の方は1時間無料(以降1時間につき500円)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岡田美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

みんなのレオ・レオーニ展(新潟展)

赤い色をしたきょうだいたちの中で、唯一黒い魚の物語『スイミー』。小学校の教科書に掲載され、日本全国で親しまれている。作者のレオ・レオーニ(1910-1999)は、イタリアやアメリカでグラフィックデザイナーとして活躍した後

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る