神奈川県

「イサム・ノグチと岡本太郎―越境者たちの日本―」展

公式サイト

イサム・ノグチと岡本太郎は、1950年、日本アヴァンギャルド美術家クラブの主催により東中野のレストラン「モナミ」で開催されたイサム・ノグチの歓迎会において、初めて出会った。日米の間で自己のアイデンティティに関する葛藤と向き合い引き裂かれながらも、彫刻家として世界的に活躍したイサム・ノグチと、青年期の10年間をパリで活躍しながらも大戦の為に日本に戻り引き裂かれ、日本の芸術界を異邦人としての眼で見ることができた岡本太郎は、それぞれに欧米で芸術家として活躍し始め、越境者として日本文化を見つめ、新たな表現活動を展開した。同世代の二人の個性的な芸術家が日本の美術に触発されて制作した作品は、共に戦後の芸術界に大きな影響を及ぼした。
本展は、イサム・ノグチと岡本太郎という個性の異なる二人の越境者の作品を通して、「日本」あるいは「日本美」とは何かについて再確認するための機会として開催するもの。

開催概要

  • 会期

    2018.10.062019.01.14
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、高校・大学生・65歳以上800円

    ※中学生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    川崎市岡本太郎美術館、美術館連絡協議会、読売新聞社
  • 休館日

    月曜日(10月8日、12月24日、1月14日を除く)、10月10日、12月25日、12月29~1月3日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

駒井哲郎―煌めく紙上の宇宙

日本における現代銅版画の先駆者(パイオニア)である駒井哲郎(1920-1976)は、深淵な詩的世界が刻まれた版画により、国内外で高く評価されてきた。黒いインクと白い紙の豊かな表情のなかに立ち上がる、夢と狂気のあわいを彷徨

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る