東京都

鐵―鉄道と郵便―

公式サイト

鉄道ファンといっても、そのジャンルは幅広く、車両の研究をする「車両鉄」、発車ベルや車内放送を研究する「録り鉄」、電車を撮影する「撮り鉄」、乗車する「乗り鉄」、コレクターアイテムとしても切符や模型、時刻表など多種多様に分かれている。近年では鉄道に関する職場で働く女性をモチーフにした「鉄道むすめ」や鉄道ファンをモチーフにしたマンガなどがある。また、一昔前は鉄道といえば男性か子供のファンがほとんどであったが、若い年齢層の女性も増えている。鉄道が日本で初めて開通した明治5年から、郵便との関係は始まった。鉄道を利用して郵便物を運ぶために郵便車が運行される「鉄道郵便」と呼ばれる制度があった。そこで、鉄道を楽しみながら学べる展示とイベント、鉄道郵便に関して学べる展示会を開催する。
※11月5日から一部展示替あり

開催概要

  • 会期

    2018.09.222018.12.24
  • 会場

    郵政博物館
    http://www.postalmuseum.jp
    墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9F
  • 観覧料金

    大人300円、小・中・高校生150円

    ※障がい者手帳をお持ちの方と介助者の方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    郵政博物館
  • 休館日

    10月17日(水)、11月14日(水)

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

大♡地図展

東洋文庫は古今東西の地図史料を収蔵している。2015年には17世紀のオランダで制作された「大地図帳」を中心に、西洋の古地図の優品を公開するという展覧会を開催した。本展はその第2弾ともいうべきもので、日本で制作された古地図

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る