千葉県

ジョゼ・デ・ギマランイス展 ~アフリカは魅了する~

公式サイト

ポルトガルを代表する現代美術作家ジョゼ・デ・ギマランイス(1939-)は、人にも文字にもみえる様々な形を組み合わせ、ビビッドな色使いをした作品を多く手がけている。それは、若き日に旅し、暮らしたアフリカの地で出会ったプリミティブ・アートに大きく影響を受けているのだ。本展では、ギマランイスの代表的な作品シリーズの絵画、彫刻約40点のほか、コレクションであるアフリカン・アートを合わせて展示。アフリカからの影響を通したギマランイス作品の魅力に、また、アーティストを魅了し続けるアフリカに迫る。
また、日本を代表する詩人・谷川俊太郎氏がギマランイスの作品に触発されて20年前に書いた詩「からっぽ」に、ギマランイスが描きおろした絵本『からっぽ』がこのたび出版される。日本とポルトガルの2人のアーティストのコラボレーションによって生み出される、ユーモアあふれる人類創生の物語は、本展でアニメーションとして楽しむことができる。

開催概要

  • 会期

    2018.10.202019.01.14
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000(800)円、大高生・シニア(65歳以上)800(600)円

    ※( )内は20 名以上の団体料金
    ※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    市原湖畔美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※土曜・祝前日は9:30~19:00 ※日曜・祝日は9:30~18:00  ※入館は閉館の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る