埼玉県

企画展「暁斎が生きた時代と妖怪画」展(同時開催 特別展「暁斎プラスワンシリーズ28 初代彫蓮 河鍋暁斎に魅せられて「弐」~にぎにぎ まがまが~」)

河鍋暁斎は狩野派絵師としての作品から浮世絵や戯画まで、様々なジャンルを学んで描いたが、幽霊画や妖怪画は今日でも人気が高い画題だ。本企画展では、暁斎の幽霊図・妖怪画はもちろん、伝統的な百鬼夜行図や、幕末期の混迷から文明開化の様子を妖怪たちに託した風刺画などを展示紹介する。 また、第3展示室では、暁斎に影響を受けた現代作家の特別展「暁斎プラスワンシリーズ」の第28回目として、初代彫蓮の作品展の第二弾を開催。

開催概要

  • 会期

    2018.11.022018.12.23
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円、学生(中〜大学生)400円、小学生以下200円、団体(20名以上)400円、美術館友の会無料、かえる友の会400円

    ※学生の方は、学生証を提示下さい
    ※友の会会員の方は、会員証を提示下さい
    ※団体(20名以上)来館の場合は、要予約
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、割引あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    河鍋暁斎記念美術館
  • 休館日

    木曜日、毎月26日~末日休館

  • 開館時間

    10:00〜16:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る