東京都

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

公式サイト

中国の歴史上、東晋時代(317–420)と唐時代(618–907)は書法が最高潮に到達した。書聖・王羲之(おうぎし、303–361)が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南、欧陽詢、褚遂良(ぐせいなん、おうようじゅん、ちょすいりょう)ら初唐の三大家が楷書の典型を完成させた。そして顔真卿(がんしんけい、709–785)は三大家の伝統を継承しながら、顔法と称される特異な筆法を創出する。王羲之や初唐の三大家とは異なる美意識のもとにつちかわれた顔真卿の書は、後世にきわめて大きな影響を与えた。
本展は、書の普遍的な美しさを法則化した唐時代に焦点をあて、顔真卿の人物や書の本質に迫る。また、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書の果たした役割を検証する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.162019.02.24
  • 会場

    東京国立博物館
    http://www.tnm.jp/
    台東区上野公園13-9
  • 観覧料金

    前売=一般1400円、大学生1000円、高校生700円
    当日=一般1600円(1300円)、大学生1200円(900円)、高校生900円(600円)、中学生以下無料

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障がい者とその介護者一名は無料(入館の際に障がい者手帳などを要提示)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京国立博物館、毎日新聞社、日本経済新聞社、NHK
  • 休館日

    月曜日(2月11日は開館)、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※金・土曜は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家vol.15

「日本の新進作家」展は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘するため、新しい創造活動の展開の場として2002年から開催している。15回目となる本展では、「小さいながらもたしかなこと」をテ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る