東京都

クリムト展 ウィーンと日本 1900

公式サイト

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、いまなお圧倒的な人気を誇る。没後100年を記念する本展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手掛けた風景画まで、日本では過去最多となる約20点の油彩画を紹介します。ウィーンの分離派会館を飾る壁画の精巧な複製による再現展示のほか、同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、クリムトが影響を受けた日本の美術品などもあわせ、ウィーン世紀末美術の精華を紹介する。

 

開催概要

  • 会期

    2019.04.232019.07.10
  • 会場

    東京都美術館
    http://www.tobikan.jp
    台東区上野公園8-36
  • 観覧料金

    前売=一般1,400円、大学生・専門学校生1,100円、高校生600円、65歳以上800円
    当日=一般1,600円、大学生・専門学校生1,300円、高校生800円、65歳以上1,000円

    ※中学生以下は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、朝日新聞社、TBS、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
  • 休館日

    5月7日、5月20日、5月27日、6月3日、6月17日、7月1日

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※金曜日は20:00まで ※入室は閉室の30分前まで 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

中国の歴史上、東晋時代(317–420)と唐時代(618–907)は書法が最高潮に到達した。書聖・王羲之(おうぎし、303–361)が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南、欧陽詢、褚遂良(ぐせいなん、おうようじゅん

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る