愛知県

碧南市制70周年記念事業 開館10周年記念 愉しきかな!人生 -老当益壮(老いてますます盛ん)の画人たち

人生90年が当たり前の時代となった。現在、日本ではおよそ4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎えている。定年退職後の生きがいの喪失、長期化する老後への経済的な不安、老老介護や孤立など、高齢化を取り巻く問題は山積している。
一方、著名な画家には長寿の方が多く、90歳を過ぎても旺盛な制作活動を行った作家は少なくない。若い時から模索と挑戦を続け、挫折と成功を繰り返しながら、長く制作活動を続けることで到達する自由な表現の境地。その作品は、高齢になっても毎日感動し、発見があり、夢中になって描き続けた画家の姿をも映している。喜びにあふれ、生き生きとした生命力を宿し、輝きを放つ作品からは、感動と元気、そして老いを生きる希望をもらえるに違いない。年齢を重ねるということは、より精神的な深みを増すということだろう。それは決して芸術の世界のことだけではないはず。
本展では、明治期以降、現代までに活躍した日本画家、洋画家あわせて14人の超ご長寿の画家に焦点を当て、作家の個性が最初に表出した時期の作品や代表作に、90歳を過ぎてからの意欲的な作品をあわせ、その画業を紹介する。
さぁ、美術館からの提案。老当益壮(老いてますます盛ん)の画人たちの絵をみて、いざいかん、超高齢社会!

開催概要

直前の記事

企画展「暁斎が生きた時代と妖怪画」展(同時開催 特別展「暁斎プラスワンシリーズ28 初代彫蓮 河鍋暁斎に魅せられて「弐」~にぎにぎ まがまが~」)

河鍋暁斎は狩野派絵師としての作品から浮世絵や戯画まで、様々なジャンルを学んで描いたが、幽霊画や妖怪画は今日でも人気が高い画題だ。本企画展では、暁斎の幽霊図・妖怪画はもちろん、伝統的な百鬼夜行図や、幕末期の混迷から文明開化

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る