京都府

世紀末ウィーンのグラフィック  デザインそして生活の刷新にむけて

2015年に世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションを収蔵した同館。このコレクションは、アパレル会社の創業者、平明暘氏が蒐集したもの。1897年の分離派結成から1914年の第一次世界大戦勃発までのウィーンでは、グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、新しい時代にふさわしい芸術そしてデザインのあり方が模索され、数多くの素晴らしい成果が生まれた。中でもグラフィックの分野は、印刷技術の発達や雑誌メディアの隆盛を背景に、新しい芸術の動向を人々に伝え、社会に浸透させる重要な役割を担った。本展では、300件にのぼる膨大なコレクションの全貌を紹介するとともに、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力を伝える。

開催概要

  • 会期

    2019.01.122019.02.24
  • 会場

    京都国立近代美術館
    http://www.momak.go.jp/
    京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
  • 観覧料金

    前売=一般800円、大学生400円
    当日=一般1,000(800)円、大学生500(400)円

    ※(  )内は団体(20名以上)、夜間割引(金・土曜17:00以降)
    ※ 高校生・18歳未満は無料
    ※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料(入館の際に証明できるものを提示下さい)
    ※ 本料金でコレクション展もご覧いただけます
    ※ 前売券は1月11日(金)までの期間限定販売
    ※ 2月24日(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入館無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都国立近代美術館、読売新聞社
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金・土曜は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る