香川県

目からうろこのミュージアム!PartⅡ「いつものくらし これ、いいね。」

香川県立ミュージアムは、美術館と歴史博物館の機能を合わせ持つ総合的なミュージアムとして開館して今年で10年を迎え、収蔵する美術作品、歴史・民俗資料の数は、今では30万点にのぼる。
今回、開館10周年を記念し、ミュージアム学芸員“イチオシ”の、目からうろこの収蔵品をPartⅠ「いろ・かたち、わくわくのひみつ」(8/4~9/24)・PartⅡ「いつものくらし これ、いいね!」(10/2~11/25)として2つの会期に分け、それぞれの展示で紹介する。
ミュージアムならではのこだわりコレクション展、こどもからおとなまで楽しむことができる。

開催概要

直前の記事

彫金のわざと美 山本晃の詩想と造形

昭和19年(1944)山口県光市に生まれた山本晃は、インダストリアルデザイナーとして東京で活動した後、昭和49年(1974)に郷里の光市に戻ってほぼ独学で彫金の創作活動を始めた。 異なる金属板を銀鑞でつなぎ合わせて模様を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る