山口県

没後400年 雲谷等顔展

公式サイト

狩野永徳、長谷川等伯、海北友松に次ぐ、桃山画壇4巨匠の一人、雲谷等顔(1547-1618)。本展覧会は毛利輝元のお抱え絵師で、山口ゆかりの画家である等顔の34年ぶり、史上最大規模の大回顧展であり、アメリカからも貴重な作品が里帰りする。
雪舟流の正統な後継者として、水墨画の多彩な表現を極めた等顔の画業の全貌に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.11.012018.12.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円(1100円)、シニア・学生1100円(900円)

    ※18歳以下無料
    ※キャンパスメンバーズ加盟校の方は無料
    ※高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料
    ※障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料
    ※シニアは70歳以上の方
    ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山口県立美術館、読売新聞社、KRY山口放送
  • 休館日

    11月12日、19日、26日 (ファーストマンデーの11月5日(月)と12月3日(月)は、開館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

生誕110年 東山魁夷展

情感にみちた静謐な風景画により、戦後を代表する国民的日本画家と謳われてきた東山魁夷(1908-99年)。東山の生誕110周年を記念する本展覧会は、東京では10年ぶりとなる大規模な回顧展。 横浜に生まれ、東京美術学校を卒業

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る