奈良県

上村松園・松篁・淳之三代展 「画家の仕事」~本画・下絵・素描が語るもの~

多くの画家は絵の題材や表現の仕方を常に考えながら生活している。自分のあり様をも探るその生き方は、楽しくもあり時に苦しい事でもある。「画家の仕事」とはそういう生き方を続けることなのかもしれない。今回の展覧会では、上村松園・松篁・淳之 三代の作品を、本画が完成するまでの過程である下絵や小下絵、素描とともに紹介する。同館には松園・松篁の縮図や素描が膨大に残されており、それらの資料から、日本画の線の美しさや本質を捉えようとする温かくも厳しい画家の眼差しなどが感じられる。本展をとおしてそうした「画家の仕事」の一端を垣間見てもらえると幸いである。
※期間中、前期後期で一部展示替え
前期:9月11日(火)~10月28日(日)
後期:10月30日(火)~12月2日(日)

開催概要

  • 会期

    2018.09.112018.12.02
  • 会場

  • 観覧料金

    大人高校生・大学生を含む) 820円、小学生・中学生410円

    ※20名以上の団体は1割引
    ※障がい者手帳のご提示によりご本人と同伴者1名まで2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人 松伯美術館、 毎日新聞社
  • 休館日

    月曜日(9月17日(月・祝)・9月24日(月・振休)・10月8日(月・祝)は開館、翌日9月18日(火)・9月25日(火)・10月9日(火)が休館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の60分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る