滋賀県

ビートたけしが描いたアートが100点!! アートたけし展

公式サイト

漫才師として一時代を築き、また、「コマネチ!」等伝説のギャグを次々と生み出し、そして大御所となった今も被り物をしてお茶の間を沸かせる、お笑い芸人『ビートたけし』さん。
そして俳優として、映画監督として名だたる国際映画祭での受賞、また3度にわたり芸術の国フランスから勲章を授けられた「世界のキタノ」こと、『北野武』さん。
「映画を撮るときは、まず1枚の絵もしくは写真が頭に浮かんで、そこからストーリーを作っていく」という北野監督の制作秘話は有名だ。そしてまた、お笑い芸人ビートたけしの伝説のギャグ「コマネチ!」も、あのポーズなしでは成立しないものであり、その出発点はあのポーズ=たけしさんの脳内に浮かんだ一枚のビジュアルといえる。
漫才、お笑い、コメンテーター、司会者、俳優、映画監督、作家、歌手、、、枚挙に暇もない程の様々な顔を持ち、下町から世界を股にかけマルチに活躍する『たけし』さんの創造の出発点は、脳内に浮かぶ様々な一枚のビジュアルだったのだ!
本展覧会では、たけしさんの最も素に近い世界=「絵画」約100点を一堂に展観。たけしさん自らが手を動かし、ただただ「楽しいなぁ!」と夢中になって無意識あるいは無心に表現した世界が詰まっている。たけしさんのオーダーにより、展示はノンコンセプト!作品はノンタイトル!!「ビート」でも「キタノ」でもない第三のたけし、『アートたけし』さんの作品の数々を心のままに楽しんでほしい!

開催概要

  • 会期

    2018.10.062018.12.02
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、高大生600円

    ※中学生以下無料(要保護者同伴)
    ※障害者手帳提示で本人と付添者(1名)は無料
    ※専修学校、専門学校は高大生料金
    ※20名以上で団体割引200円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    佐川美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

百(もも)の手すさび-近代の茶杓と数寄者往来-

茶杓とは、茶道具の一種で、茶器に入っている抹茶をすくい茶碗に入れるためのもの。一見とてもシンプルな一片の匙にも関わらず、茶杓は人なりと称せられ、古来より大切に扱われてきた。そのシンプルな形ゆえに、作る人の美意識や人柄が映

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る