滋賀県

以”身”伝心 からだから、はじめてみる

公式サイト

本展に出展する8組の作者は、絵画や彫刻、インスタレーション、パフォーマンスの美術の領域から、オーダーメイドの車いす製作といった福祉の領域まで、それぞれの方法で身体に向き合っている。彼らの表現や製作は、身体を巡る様々なテーマ――身体に滲む自己のルーツ、身体で感得する非言語的な感情、身体を駆使した更なる表現の可能性――について考えるきっかけを与えてくれる。
一方で、現代は科学技術のめざましい進展によって、あらゆることがオートメーション化されたり、デジタル上で処理されることにより、日常の暮らしから物理的な身体性は減少しているといえる。そのような時代を迎えた今、ひたむきに身体やその感覚と向き合うことで生まれる作者の表現は、私たちに原初的な体験をもたらすのではないだろうか。
なお、本展では、実際に手で触れたり、耳で聞くことで、身をもって味わうことのできる体感型作品も展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.222018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般300円(250円)、高大生250円(200円)

    ※中学生以下無料
    ※障害のある方と付添者1名無料
    ※( )内は20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会(構成団体:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW])、滋賀県、滋賀県立近代美術館、近江八幡市、一般社団法人近江八幡観光物産協会、社会福祉法人愛成会、NPO法人はれたりくもったり、滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会)
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日)

  • 開館時間

    11:00〜17:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

富田砕花展 ー受け継がれる詞ー

富田砕花は、岩手県盛岡市生まれの詩人。明治41(1908)年、18歳で与謝野鉄幹・晶子主催の新詩社に加わり、同郷の石川啄木とともに歌会に出席、その年『明星』にて筆名「砕花」で短歌を発表している。その後は、民衆の生活や心を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る