滋賀県

百(もも)の手すさび-近代の茶杓と数寄者往来-

公式サイト

茶杓とは、茶道具の一種で、茶器に入っている抹茶をすくい茶碗に入れるためのもの。一見とてもシンプルな一片の匙にも関わらず、茶杓は人なりと称せられ、古来より大切に扱われてきた。そのシンプルな形ゆえに、作る人の美意識や人柄が映し出されているからだろう。
明治維新以後、近代日本の政財界を牽引した名だたる実業家たちは、その財力によって美術品を蒐集し、茶の湯の場において数寄者として親交を深めた。その交流の一つに自ら削った茶杓を贈った。
本展は、池田瓢阿氏(竹芸家)による監修のもと、近代茶杓の礎となった近世(安土桃山時代から江戸時代)の茶杓を通した交友を回顧し、三井財閥を支えた益田鈍翁を中心とする東西の近代数寄者約30名が削った茶杓を展覧する。また、近代に活躍した女性のほか、文化人・芸術家らによる茶杓もあわせて100余点を展示し、なぜ茶杓を削るのか、その魅力とは何かを紹介する。また、茶杓以外の自作作品や蒐集品など約80点もあわせて、当時の数寄者の茶の一端を展示する。
日本の経済だけでなく、文化面においても新たな風を巻き起こした偉人たちの存在を茶杓を通じてたどるもの。

開催概要

  • 会期

    2018.10.202018.12.02
  • 会場

    MIHO MUSEUM
    http://miho.jp/japanese/index.htm
    甲賀市信楽町田代桃谷300
  • 観覧料金

    大人1100円(900円)、高校・大学生800円(600円)、小学・中学生300円(100円)

    ※( )内は20名以上の団体
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、各料金より200円引き(団体ご利用の小中生は無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    MIHO MUSEUM
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は各翌平日)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の60分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

第69回【浮世絵の光と影】

上方浮世絵館では、江戸時代の大阪で作られていた浮世絵を展示している。大阪の浮世絵は、歌舞伎役者を描いた役者絵が多く、色あざやかな浮世絵からは当時の舞台をうかがう事ができる。 浮世絵は19世紀のヨーロッパへ影響を与えたこと

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る