愛知県

開館20周年記念特別展 絵を描く糸 刺繍美術展 ―江戸時代の着物から現代染織まで―

色彩豊かな糸を用いて布に模様を施す技法・刺繍は、古くから着物を彩り、装飾豊かな染織作品を作り上げてきた。日本美術最古の作例では飛鳥時代の繍仏へと遡るが、江戸時代の小袖にも絵師や絵画とのつながりが顕著に見られる。現代でこそ、工芸として絵画と分けられている染織だが、刺繍は古くから絵画や絵師・画家たちと深い関わりを持っていた。
本展覧会では、江戸時代の小袖から明治時代の刺繍絵画、現代染織アートまでの刺繍美術約90点を並べ、絵画と染織との間に広がる意外な関係性を紹介する。刺繍美術の展開をお楽しみいただくとともに、絵画と染織のつながりを感じてもらえれば幸いである。
前期:10月6日〜10月28日
後期:10月30日〜11月25日

開催概要

  • 会期

    2018.10.062018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、高大生400円、小中生200円

    ※コレクション展(常設展)観覧料を含む
    ※20名以上の団体は2割引
    ※一宮市内の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方、および身体障害者手帳・戦傷病者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を持参の方(付添人1人を含む)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    一宮市三岸節子記念美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(ただし10月8日(月・祝)は開館)、10月9日(火)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る