栃木県

英国ラブリィ~派 ―自然を愛して―

私たちは昔から暮らしの中でまわりの自然に目を向け、時に自然を畏れたり、自然の美しさに感謝し、埴輪や土器に自然から得た文様を描いてきた。英国においては17世紀のスリップウェアを彩る文様として自然界の花、木、鳥などの動物、そして物語を描いてきた。本展で紹介する英国ラブリィ〜派の陶芸家たちは都会を離れ、自然の中で作陶をし、自然に感謝するように文様を描き、暮らしぶりを豊かにするような器を作り続けている。それは単に器をかわいらしく見せる安易な焼物ではない。
本展では6名の英国陶芸家の作品を紹介。日本で紹介される機会の少ない、彼らの新鮮な暮らしぶりを反映した器と出合う好機となるだろう。

開催概要

  • 会期

    2018.10.062018.12.09
  • 会場

  • 観覧料金

    大人600円(550円)、小中学生300円(250円)

    ※( )内は20名以上の団体
    ※65歳以上は300円(要証明)
    ※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けられた方及びその方の介護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    益子町文化のまちづくり実行委員会、益子陶芸美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日)、11月6日(火)

  • 開館時間

    09:30〜16:00 ※入館は閉館の30分前まで ※10月は17:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

欲しいがみつかる・うつわ展 -笠間と益子-

近年、これまでの陶芸のイメージを変えるような新しいタイプの作品をつくる作家が次々と登場している。作品には、作家自身が思い描いたことが産地の伝統的なスタイルや材料などにとらわれることなくストレートに表現されており、多くのも

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る