茨城県

生誕120年 児玉希望展

生誕120年を迎えた日本画家、児玉希望の回顧展。明治31(1898)年、広島県に生まれた児玉希望は上京後、川合玉堂に師事し、大正10(1921)年の第3回帝展で初入選を果たす。以後、二度の特選を受賞して画壇での評価を確かなものとしながら、戦後は日展を舞台に西洋近代美術の研究にも意を注ぎ、昭和32(1957)年からはヨーロッパに約1年間滞在。水墨画への意欲を新たにした画家は、抽象表現や斬新な解釈による仏画にも新境地を開き、昭和46年に没するまで旺盛な創作を続けた。風景、花鳥、歴史人物、抽象表現、さらには水墨画や油彩画など希望の作品はバラエティに富んでいる。目まぐるしく作風が変遷した希望は、渡欧後、抽象表現に至って描くことの楽しさ、面白さを見出す。本展では初期から晩年までの代表作、約100点により常に“新しい一歩”を追い求めた希望の多彩な画業を紹介する。
※会期中展示替えあり
前期展示:10月13日〜11月4日
後期展示:11月6日〜11月25日

開催概要

  • 会期

    2018.10.132018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    一般 720(620)円、満70歳以上 360(310)円、高大生 510(410)円、小中生 310(210)円

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※土曜日は高校生以下無料
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証を持参の方は無料
    ※11月13日(火)は県民の日のため全ての方が無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    茨城県天心記念五浦美術館
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

―北の磁場に導かれて―照井 榮 展

岩手県北上市出身の彫刻家・照井榮(てるい さかえ1932年― )は、長年石を素材に具象彫刻に挑んできた。彼が創りだす石彫群は、東北の風土に根ざした奥羽山脈沿いの雪深き大自然を象徴化した人物像だ。そこには北の大地が育んだ、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る