長野県

“デッサンは大切です”中島千波-花と山と人の屏風絵展

花鳥画、人物画、挿絵などさまざまなジャンルの作品制作を行う、小布施出身の日本画家、中島千波(1945~)。今回は花鳥画や近年取り組んでいる世界の独立峰シリーズ、そしてライフワークの人物画を中心にしながら、そのデッサンとともに展示する。カメラの発達により、現代では写真を撮ってそこから絵にすることは容易にできるが、中島千波はそれをしない。必ず現地に向かい、対象と向き合ってデッサンをする。その背景には父であり日本画家であった中島清之の教えである「暇さえあればデッサンをしなさい」という言葉があるのだろう。
本展ではほかにも新収蔵作品である「平家物語」の挿絵やおもちゃ絵も展示し、見応えのある内容なっている。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る