神奈川県

泉鏡花生誕145年記念 清方描く、鏡花の世界

明治20年代末、10代の鏑木清方は泉鏡花の文学に魅了され、鏡花の小説へ挿絵を描くことを目標に研鑽を積んでいた。
そんな清方と鏡花との交流は、明治35年(1902)、単行本『三枚續』の表紙装丁や口絵などを手がけたことに始まる。二人は初対面で旧知の仲のように打ち解け、それから公私ともに親交を深めていく。そして、装丁や口絵を製作し、「鏡花作、清方ゑがく」と称されるような美術的にも価値のある本を世に送り出した。清方が日本画家として活躍するようになってからも二人の交流は続き、鏡花文学は清方の創作の源であり続けた。
本展では、鏡花生誕145年を記念し、清方が鏡花の著書に描いた口絵のほか、鏡花文学に取材した名品を中心に紹介する。

開催概要

直前の記事

写真新世紀展 2018

「写真新世紀」は、1991年の発足以来、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出、新人写真家の登竜門として広く知られている。今年は第41回目の公募を実施。過去最高の応募となった1,992人の中から厳正な審査を経て、優秀賞7

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る