東京都

~生誕200年記念~幕末の北方探検家 松浦武四郎展

公式サイト

「幕末の北方探検家」「北海道の名付け親」として知られる松浦武四郎(1818-1888)を知っているだろうか? 武四郎は伊勢国一志郡須川村(現在の三重県松阪市)の郷士の家に生まれた。10代半ばで全国を巡る旅の第一歩を踏み出し、旅の巨人とも称せられる。そして、彼の生涯はこの並外れた好奇心と実行力に貫かれていた。
その好奇心と実行力が最大限に発揮されたのが「北方(蝦夷地)探検」だった。当時の蝦夷地に6回も渡って調査し、初めて内陸部まで詳細に記した地図を作成。また、明治2年(1869)、蝦夷地の新たな地名の選定を任され、「北加伊(海)道」という名を選んだ。「北のアイヌの人々が暮らす大地」という思いを込めた命名だ。ここには、彼とアイヌの人々との強い結びつきがあらわされている。
さて、武四郎のキーワードはこの2つだけではない。彼は「古物の大コレクター」でもあった。現在、静嘉堂では約900点にのぼる武四郎蒐集考古遺物を収蔵している。これらを4年かけて整理し、2013年、初めて松浦武四郎蒐集コレクションお披露目の展覧会を開催した。静嘉堂に収蔵された経緯は不明だが、静嘉堂の創設者岩﨑彌之助の深川別邸を手掛けた大工頭柏木貨一郎と武四郎が交友関係にあったことが影響しているのかもしれない。
生誕200年の記念の今年。本展では、「幕末の北方探検家」そして「古物の大コレクター」という2面に焦点を当て、幕末・明治前期を生きた稀有な存在、松浦武四郎の姿を紹介する。その多彩な事蹟にぜひ注目してほしい。

開催概要

直前の記事

英国ラブリィ~派 ―自然を愛して―

私たちは昔から暮らしの中でまわりの自然に目を向け、時に自然を畏れたり、自然の美しさに感謝し、埴輪や土器に自然から得た文様を描いてきた。英国においては17世紀のスリップウェアを彩る文様として自然界の花、木、鳥などの動物、そ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る