静岡県

めがねと旅する美術展―視覚文化の探究―(静岡展)

公式サイト

本展は「めがね」をキーワードとし、「みる」ことの意味を問い直す展覧会。 現代社会は、膨大な量の画像や動画、文字やサインといった視覚情報に彩られている。私たちの生活は、「みる」という行為に圧倒的に依存しているのだ。あえて「みる」とひらがなで書いたように、見る・観る・視る・診る……とその意味は幅広く、「みる」ことの意味を考えることは現代社会について考えることと等価といっても過言ではない。 本展では、遠近法とレンズを用いた江戸のめがね絵から、鉄道・飛行機・顕微鏡・望遠鏡といった科学技術の発達によってみることができるようになったミクロ/マクロの世界、さらには視覚のトリックを用いたユニークな現代アートやVR(バーチャルリアリティー)といったモチーフを通じ、人々の視覚に対する探究の跡をたどる。

開催概要

  • 会期

    2018.11.232019.01.27
  • 会場

  • 観覧料金

    前売・団体=一般800円、70歳以上400円
    当日=一般1000円、70歳以上500円

    ※高校生以下無料
    ※収蔵品展、ロダン館も併せて観覧可
    ※団体の申込……20名以上の団体の申込は、美術館総務課へ問合わせください(学生の団体を引率の場合、引率の先生は無料になる場合があります、詳しくは美術館まで)
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料で観覧可(専用駐車場のほか車椅子も完備、美術館総務課までお問合わせください)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    静岡県立美術館、テレビ静岡
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日は開館)、12月25日、12月29日~1月1日、1月15日

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る