福岡県

横尾忠則とアジア’89

1989年、横尾忠則は2つのアジア美術の展覧会「第3回アジア美術展」(福岡市美術館)と「第4回バングラデシュ・アジア美術ビエンナーレ」に参加した。本展では「第3回アジア美術展」のポスター原画や当時の図録、映像記録などで、横尾忠則とアジアとのかかわりを紐解く。また、それに先立って、インド大衆芸術に影響を受けて制作された1970年代のポスターも合わせて紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.202018.12.25
  • 会場

    福岡アジア美術館
    http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
    福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル
  • 観覧料金

    一般200円、高校・大学生150円、中学生以下無料

    身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、特定医療費(指定難病)受給者証・特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人、福岡市発行のシルバー手帳・北九州市発行の年長者施設利用証・熊本市民及び鹿児島市民で住所と65歳以上を確認できる証明書の提示者本人は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    福岡アジア美術館
  • 休館日

    水曜日(水曜が休日の場合はその翌平日)

  • 開館時間

    10:00〜20:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

三人展-Forward Stroke 明日への眼差し-

わずか1mmに満たないペン先から壮大な世界を描き出す画家 池田学氏、独自の世界観による細密描写とインスタレーションで魅了する陶芸家 葉山有樹氏、ナウシカのメーヴェ実機を生み出した空飛ぶメディア・アーティスト 八谷和彦氏。

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る