福岡県

印象派への旅  海運王の夢 バレル・コレクション

公式サイト

産業革命期にイギリスの海港都市として繁栄したグラスゴー・その地に生まれ、海運業により莫大な財を築いたウィリアム・バレル(1861-1958)は、古今東西に及ぶ多彩な美術作品を収集し、自身で集めた秀逸なコレクションを愛でながら暮らした。彼が築いたバレル・コレクション(The Burrell Collection)は、その後1944年にグラスゴー市に寄贈されたものの、永らくイギリス本国でしか公開されていなかったが、この世界屈指のコレクションがこのたび奇跡の初来日を果たす。
本展では、バレル・コレクションにおける良質のフランス絵画を中心にしながら、同コレクションでも重要な位置を占める、スコットランドやオランダ人画家の作品をあわせて紹介する。それに加え、バレル・コレクションと同じグラスゴー市内にあるケルヴィングローヴ美術博物館所蔵のルノワールやゴッホなどによる作品もあわせ、イギリス人コレクターならではのユニークな視点で収集された全80点の作品で、美術史における写実主義から印象派への流れをたどる。海運王・バレルの夢が託された珠玉の作品をどうぞ楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.10.122018.12.09
  • 会場

    福岡県立美術館
    http://fukuoka-kenbi.jp/
    福岡市中央区天神5-2-1
  • 観覧料金

    前売一般1200円、高大生600円、小中生300円
    当日一般1400円、高大生800円、小中生500円

    ※65歳以上の方は一般の前売り・団体料金(年齢を証明できるものを提示)
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名、および特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    福岡県立美術館、毎日新聞社、FBS福岡放送
  • 休館日

    月曜日(12月3日(月)は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※11月16日(金)は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

横尾忠則とアジア’89

1989年、横尾忠則は2つのアジア美術の展覧会「第3回アジア美術展」(福岡市美術館)と「第4回バングラデシュ・アジア美術ビエンナーレ」に参加した。本展では「第3回アジア美術展」のポスター原画や当時の図録、映像記録などで、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る