広島県

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜(広島展)

公式サイト

ピーテル・ブリューゲル1世は、聖書の世界や農民の生活などを描いて活躍した16世紀フランドルを代表する画家。彼に始まり、以後およそ150年続いたブリューゲル一族の画業を、同時代のフランドル絵画を交えつつ、大半が日本初公開となる貴重なプライベート・コレクションにより紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.10.082018.12.16
  • 会場

    広島県立美術館
    http://www.hpam.jp/
    広島市中区上幟町2-22
  • 観覧料金

    一般1500円、高・大学生1000円、小・中学生600円

    ※学生券をお求めの際は学生証を提示
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    広島県立美術館、広島テレビ、イズミテクノ
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜日は19:00まで ※10月8日(月・祝)は10:00開場
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ARKO2018 久松知子

ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)は、大原美術館によるアーティストのレジデンス・プログラム。「若手作家の支援」「大原美術館の礎を築いた洋画家児島虎次郎の旧アトリエ:無為村

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る