岡山県

特別展 国立民族学博物館コレクション ビーズ -つなぐ・かざる・みせる Beads in the World(岡山展)

公式サイト

ビーズとは、「さまざまな部材をつなげたもの」。人類は、石や金属、ガラス、骨や歯、貝やサンゴ、魚の鱗や虫、植物の実、あらゆるものに穴を開け、紐で繋いだビーズに親しんできた。とても簡単で今でも身近な手芸であるビーズを人類が作り始めたのは、10万年も前の事だ。
本展は国立民族学博物館が所蔵する膨大な資料から厳選されたビーズ資料を中心に展覧し、ビーズの始まりから現代までの世界中のビーズ文化を一気に紹介する。
世界中のビーズ作品のさまざまなデザインやアイデアを見ながら、なぜ人はビーズを作り、使い続けたのか、シンプルで身近だけれども奥深いビーズの世界に、もう一歩踏み込んでみよう。

開催概要

  • 会期

    2018.09.222018.11.25
  • 会場

  • 観覧料金

    前売一般800円、満65歳以上の方・高校・大学生600円
    当日一般1000円、満65歳以上の方・高校・大学生800円、小・中学生500円

    ※ 20名以上の団体は、各200円引
    ※ その他各種割引は当館へお問い合わせください。
    ※ 障害者手帳をお持ちの方とその付添の方1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岡山市立オリエント美術館、RSK山陽放送、国立民族学博物館、千里文化財団
  • 休館日

    月曜日(10月8日(月・祝)は開館し、翌火曜日休館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る