岡山県

企画展「夢二式美人」

竹久夢二(1884-1934)が描いた美人画はその独特な美意識から「夢二式美人」と称され、憂いをたたえた儚げな女性像は今も多くの人を魅了している。夢二式美人はたまき(夢二の妻)との出会いによって誕生したと言われるが、その原点には大好きな母や姉の存在があり、当時弱い立場にあった女性への共感の表れでもあった。大きな瞳、しなやかな体つき、大きめに描かれた手足などの特徴をもつ抒情的な夢二式美人は、夢二の理想の女性像の追及であり、そこに描きだしたのは心の詩だった。詩人の一面を持つ夢二が描いた作品からは当時の社会背景もうかがえる。
「明治の女の一番美しいものを私しは描くので御座いまする。あわれな女を美しく描くと申す事は余程明治つ子にはくるしい事だろうと思いまする。」同時代に生きた詩人・河井酔名に大正二年にあてた手紙には初期の頃の作画への情熱が綴られている。本展では葛藤の中から夢二が描きだそうとした理想の女性像にせまる。
秋の特別展示として、夢二の中期の代表的な大作屏風《秋のいこい》、晩年外遊で新しい表現に挑戦する中、ロサンゼルスで外国人裸婦を意欲的に描き「幻の油彩画」と称された貴重な油彩《西海岸の裸婦》を特別に公開する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.262018.12.16
  • 会場

  • 観覧料金

    大人800円、中高大学生400円、小学生300円

    ※20名以上の団体は2割引
    ※岡山県内の65歳以上の方は証明できるものの提示で1割引
    ※割引の併用は不可
    ※ゆめびぃ会員は入館無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    夢二郷土美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る