岡山県

没後10年 片岡球子 情熱の日本画

戦後日本画壇にエネルギッシュな作品で挑み続けた片岡球子。球子の没後10年を迎える今年、井原市立田中美術館では、秋季特別展「没後10年 片岡球子 情熱の日本画」を開催する。
明治38年(1905)、球子は北海道に生まれた。女子美術学校(現在の女子美術大学)で日本画を学んだ球子は、卒業後、小学校教諭としての激務のかたわら、展覧会に出品しては落選を繰り返し、「落選の神様」とまで呼ばれるようになる。しかし昭和5年(1930)、再興日本美術院展に《枇杷》が初入選し、「ゲテモノ」と揶揄された個性的な作風も次第に注目を集めるようになる。小林古径の言葉にも励まされ、ひたむきに自己の芸術を追求する球子の制作姿勢は、旧来の日本画壇に新風を吹き込むものとなった。昭和27年(1952)、院展同人となった球子は、彼女の情熱が奔流となったかのように旺盛な制作を続け、国内外での展覧会、女子美術大学や愛知県立芸術大学での後進の指導など、かつての逆境を覆す活躍をみせる。平成元年(1989)には、それまでの画業に対して文化勲章を受けた。本展覧会では、身近な人びとをモデルとした初期の人物画をはじめ、桜島や富士山など日本各地を写生旅行して生まれた風景画、浮世絵師など歴史上の人物に肉薄したライフワーク「面構」、晩年に新境地を拓いた裸婦シリーズなど、球子の代表的な作品約40点を展観する。球子の103年にわたる長い生涯のなかで絶えることのなかった情熱、そこから生まれたダイナミックで個性的な日本画の世界を堪能してほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る