岡山県

新たな表現をめざして 創作版画が歩んだ道のり 和歌山県立近代美術館コレクションを中心に

公式サイト

日本では、職人による分業体制で制作される浮世絵という木版画の伝統があったが、明治維新以降、西洋文化に触れるなかで、近代的な美術表現としての版画制作が追求されるようになった。本展では、和歌山県立近代美術館が所蔵する国内屈指の創作版画コレクションを中心に、近代日本に花開いた創作版画の名品を一堂に紹介する。加えて岡山ともゆかりの深い棟方志功や、笠岡出身で創作版画にも力を注いだ日本画家・森谷南人子らの作品を出品。

開催概要

  • 会期

    2018.10.052018.11.04
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円、65歳以上700円、大学生500円、高校生以下無料

    ※20名以上の団体は2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    岡山県立美術館、RSK山陰放送
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館し、翌日が振替休館)

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※10月26日は19:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

企画展「夢二式美人」

竹久夢二(1884-1934)が描いた美人画はその独特な美意識から「夢二式美人」と称され、憂いをたたえた儚げな女性像は今も多くの人を魅了している。夢二式美人はたまき(夢二の妻)との出会いによって誕生したと言われるが、その

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る