兵庫県

スコットランドからの贈りもの タータン展

スコットランド北西部・ハイランド地方で発展し、世界各国で愛されている格子柄「タータン」。本展は「タータン」をテーマにした本格的な展覧会で、布地やドレス、関連する美術作品、書籍など約250点を一堂に集め、その魅力、歴史などを幅広く紹介する。また、スコットランドで活躍中のデザイナーの作品に加え、地元・神戸で企画・考案された「神戸タータン」も発信する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.152018.11.11
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、大学生・65歳以上500円、高校生以下無料

    ※特別展と常設展(コレクション展)の両方をご覧いただけます。コレクション展のみの観覧は受け付けません
    ※神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引を受けられます

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    神戸ファッション美術館、神戸新聞社
  • 休館日

    月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館)、9月18日(火曜)、25日(火曜)、10月9日(火曜)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

鳥取画壇の祖 土方稲嶺 ―明月来タリテ相照ラス―

江戸時代中期に鳥取に生まれた土方稲嶺(一七四一~ 一八〇七)。彼は鳥取藩の家老である荒尾家の家臣の家に生まれたが、職を辞し、江戸に出て画を宋紫石に学んだ。のちに円山応挙や伊藤若冲ら多くの画家がひしめく京都に活動の場を移し

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る