兵庫県

昔なつかし・昭和レトロ キャラクターデザインの先駆者 グラフィックデザイナー土方重巳の世界展

公式サイト

1915(大正4)年兵庫県に生まれた土方重巳は、1938(昭和13)年多摩帝国美術学校(現・多摩美術大学)を卒業、東宝に入社する。戦前の東宝映画を代表する『馬』をはじめ、原節子や榎本健一(=エノケン)が出演した映画、戦時下に製作された『決戦の大空へ』など多くの芸術的なポスターや、文化映画(劇映画ではなく、知識や教養を高める目的で製作された映画)のポスターを手掛けた。
戦後、東宝を退社した土方はフリーのデザイナーとして『大いなる幻影』や『北ホテル』、『石の花』、『靴みがき』など映画史に残る名作のポスターを描いた。また、藤田嗣治が舞台装置を手掛けたことで有名な東京バレエ団の『白鳥の湖』、藤原歌劇団によるオペラ、劇団民芸による芝居、人形劇団プークの公演ポスターやチラシなどのグラフィックデザインも手掛けた。
グラフィックデザイナーとして活躍する一方で、飯沢匡(いいざわただす)との出会いにより絵本やテレビ番組など、子どもに向けた仕事も精力的に行った。1959(昭和34)年、NHKは日本初の未就学児を対象としたテレビ番組「おかあさんといっしょ」をスタートさせる。土方は翌年から始まる番組内の人形劇「ブーフーウー」のキャラクターをデザインした。その後「ダットくん」や「とんちこぼうず」などの名作やヒットキャラクターを生み出したのだ。1953(昭和28)年に出版された『ねずみとおうさま』も、土方が描いた人気の絵本。
また土方は企業のためのデザイン作品も多数手掛け、現在でも使われている佐藤製薬の象をモチーフにしたキャラクター「サトちゃん」の生みの親でもある。
本展覧会ではこれまで紹介されることのなかった土方重巳の魅力溢れる多彩な仕事を、貴重な原画、ポスター、映像などで辿る。

開催概要

  • 会期

    2018.10.062018.12.09
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、高大生600円、小中生400円

    ※西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
    ※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
    ※心身に障害のある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
    ※割引券付ちらし持参の方は一般800円を700円に割引(複製不可)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    西宮市大谷記念美術館、神戸新聞社
  • 休館日

    水曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

横尾忠則 在庫一掃大放出展

2012年の開館以来、同館では様々なテーマを設け、多彩な切り口から横尾忠則の作品を紹介してきた。しかし今回は、あえて特定のテーマを設けていない。出品作品を選ぶ基準はただひとつ、「まだ同館で展示されたことがない作品」。題し

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る