大阪府

没後90年 佐伯祐三展・没後30年 小磯良平展

佐伯祐三の没後90年、小磯良平の没後30年を記念して、山王美術館コレクションによる回顧展を開催。画家としての生涯を「描くこと」ただそれだけに捧げ、ひたすらに独自の画風を追い求めた佐伯祐三と、西洋絵画の伝統を踏まえたアカデミックな表現方法により、日本の洋画界の発展に大きく貢献した小磯良平、関西が生んだふたりの画家がそれぞれにめざした、芸術の世界を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.032019.01.31
  • 会場

    山王美術館
    http://www.hotelmonterey.co.jp/sannomuseum/
    大阪市浪速区湊町1-2-3 ホテルモントレグラスミア大阪22F
  • 観覧料金

    一般1000円、大学・高校生500円、小・中学生500円(保護者同伴に限り2名様まで無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山王美術館
  • 休館日

    12月29日~1月1日

  • 開館時間

    11:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

秋季特別展「民藝のバスケタリー―籠・笊・蓑―」

バスケタリーとは、文字通り籠や籠を作る技法を意味すると共に、広義には木の皮、蔓、竹、草などの植物素材を、組んだり編んだりして作る編組品を指す。種類は、籠、笊、箕などの運搬や保存に使われる容器から、蓑、背中当てといった身に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る