京都府

高麗美術館30周年記念特別展「鄭詔文と高麗美術館」

「高麗美術館」への道は、1969年の「日本のなかの朝鮮文化」から始まる。これは在日朝鮮人と熱き友情で結ばれた日本人達との物語である。高麗美術館への道は、創設者・鄭詔文(1918年~1989)の第二の故郷である京都で始まった。6歳で別れた祖国への想いから、日本で朝鮮半島の美術を求め続けた鄭詔文。「高麗美術館」は在日コリアンと熱き友情で結ばれた日本の人々との物語だ。開館30周年特別展「鄭詔文と高麗美術館」では、鄭詔文が京都の地で出会った母国の「白磁壺」や、多くの日本の人々にも愛された「帆船魚文壺」を始め、高麗青磁、仏教美術、朝鮮家具など各王朝の粋を集めた麗しき朝鮮半島の美を展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.09.012018.12.11
  • 会場

    高麗美術館
    http://www.koryomuseum.or.jp/
    京都市北区紫竹上岸町15
  • 観覧料金

    一般500円、大高生400円、中学生以下無料

    ※20名様以上の団体と65歳以上の方は2割引き
    ※障害者手帳をお持ちのご本人様と付添いの方1名無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高麗美術館
  • 休館日

    水曜日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

一片開花 – 滴凍翁の一粒の種 –

一休宗純の人となりを慕っていた創設者正木孝之は、作品蒐集の中で「一休宗純墨蹟滴凍軒号」を手に入れ、一休が揮毫した「滴凍」の二文字を雅号として名乗るようになった。この墨蹟の賛の後半部には「氷消瓦解す、三千界 一片開花、一片

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る